華やかな卒業パーティー

謝恩会と言われると、なんだか厳かな感じもしますが、言い方を変えますと、卒業パーティーです。
特に大学の卒業式とかの後に、ホールを借りて盛大にパーティーを開くのが定説みたいで。

私も卒業パーティーに参加したことがあります。でもその1回だけの参加なので、
曖昧な記憶でしかないのですがご容赦を...。

卒業パーティーとなると、参加する人はみんな若い学生。
しかも大学生活お疲れ様でした、ありがとうございましたパーティーなので、盛り上がりは確実。
私の時もビンゴゲームをしたりして盛り上がっていましたので、ノリは結婚式の二次会に近いです。
二次会と違ってほとんど顔見知りしかいないので、遠慮することなく楽しめるんです。

結婚式じゃないので、誰かより目立ってはいけないということがありません。
だから、この場合は白に近しいドレスを着てもNGじゃないのです。
(それでもウェディングドレスっぽい純白は避けたほうがいいです...)

立食パーティーがメインなら、動きやすいドレスを選んだほうがいいと思います。
あっちへこっちへ移動することもありますし...。
あと立ちっぱなしの時間が長かったりするので、疲れにくい靴を選んでください。
ヒールに慣れていない人はあえてヒールを履かないのも手です。
おしゃれなパンプスを選ぶのがいいかと思います。

でも、卒業式からそのまま謝恩会の流れになった場合、卒業式にドレスを着るということになってしまいます。
大学の卒業式はほとんど袴かスーツですよね。そのまま謝恩会に移行となると、袴、スーツで参加するパターンが多くなります。
卒業式と謝恩会の会場は大概違うところになりますので、その移動の間にドレスに着替えることも可能ですが、袴を脱ぐのは大変だと思います...。

謝恩会でドレスを着るタイミングは、卒業式と謝恩会の日が別同士である時ですかね。

卒園式の後の謝恩会

卒業パーティー以外でも、子供の保育園や幼稚園の卒園式の後の謝恩会でも、ドレスが大活躍。
子供が着るんじゃなくて、母親。 母親が着るドレスですから、学生の頃と違って可愛いのよりは大人の品格があるものを選んだほうがいいですよね。

でもでも、大体のところが卒園式のすぐ後に謝恩会という流れになりますので、フォーマルな衣裳のままのパーティーになるそうです。
つまり、華やかなドレスはここでは活躍しないと...。

もちろんフォーマルな服でもおしゃれはしておきたいですよね。
フォーマルな服ってどれも一緒じゃない?と思わないでください。結構デザインが凝っているところもあるのです。

フォーマルな服はまず黒色が基調ですが、その中にはレース付きのものだったり、アシンメトリーなスカートがあったりと、ひとつひとつデザインが凝っています。
もちろん黒だけがフォーマルというわけではありません。
ネイビーや白、ピンク系のフォーマルなドレスもあります。

でもやはりフォーマルということだけあり、普通のドレスと違って少しだけ厳かな雰囲気があります。
子供を持つ親が着るドレスなので、あまり派手派手しくない方がいいかもしれないですね。
卒園パーティーは楽しいパーティーですが、これは主役が子供なので、母親が必要以上に目立ってはいけないと思います。

しかしおしゃれをするなとは言いません。
デザイン残ったフォーマルなドレスで、しゃんとした大人な女性を演出してみるのもありです。

NGな靴!

しかし謝恩会でもNGのものがあります。
それはつま先が出ている靴です。
足の爪を綺麗に塗ったから、足の指が見える靴を履こうーなんて思っている人はいませんか?
謝恩会に限らず、その前に行わる卒業式でも、つま先が出ている靴はNGなのです。

例えばミュールですね。
ミュールはドレスとの組み合わせが非常にいいので人気があるのですが、卒業式や謝恩会の場ではそぐわない靴になります。

卒業式も謝恩会も、フォーマルな式典になりますので、つま先を露出した靴は場違いと言ってもいいでしょう。
つま先を隠すパンプスを履いたほうがいいです。

また、ドレスアップした場合、ブーツを控えたほうがいいです。
ひらひらなドレスにブーツって、見た目もあまり華やかじゃありませんよね。
何か合っていない気がします。

巷ではやりのブーティーも、ドレスにはあいませんので、やはりパンプスが一番おすすめなんじゃないかな?と思います。

別のパターンですが、和装だとブーツを履いても違和感はありません。
和装で謝恩会に参加する場合はブーツを履いても問題はないと思います。
ミュールとかはダメですけどね!